不動産査定は複数の会社に依頼しよう

不動産査定は複数の業者で行ってみましょう。業者によって査定額にバラつきがあります。 - 一括査定のメリットとデメリット

一括査定のメリットとデメリット

不動産を売却したいと思っても、自分が所有している不動産の価値が分かる人は少ないでしょう。
不動産を売却する前に、その不動産価値を知るために、お勧めしたい方法が一度に複数の不動産業者の査定額が分かる一括査定です。
では、そんな一括査定のメリットとデメリットについて紹介します。

一括査定のメリットについて

一括査定をする方法は簡単です。
一括査定サイトで必要事項を入力すれば、一度に複数社の査定額を教えてもらう事が出来ます。
自分で複数社と連絡をとり、査定をしてもらうとは、手間がかかってしまいます。
対して一括査定サイトを利用すれば、地域や物件に対応している不動産業者を簡単に探す事が出来るでしょう。
また査定量も無料で行ってくれます。
複数の不動産の査定額を比較する事で、不動産価値の相場を知る事が出来るというメリットもあります。
ただし、一括査定にはデメリットもある事を理解しておいてください。

一括査定のデメリットについて

一括査定で表示された査定額とは、あくまで簡易査定に過ぎないという点です。
オンライン上で入力された情報を元に査定を行っていて、訪問査定を行っていません。
そのため、実際に物件や周囲の状況により、査定額とは必ずしも売却出来る価格とイコールではないという事を理解しておきましょう。
また一括査定サイトに登録されている業者の査定しか受ける事が出来ません。
もしかすると、地域に特化している不動産業者が、一括査定のサイトには含まれていない可能性もあるわけです。
また一括サイトは、サイトの利用料は無料ですが、広告収入により利益を得ています。
そのため公平な情報ではなく、営業的側面があります。
なので、仲介手数料が入るようにと、契約を結んでいる業者の査定額を少し高めに提示されている可能性はあります。

関連する記事

次の記事: を読む »

アーカイブ