不動産査定は複数の会社に依頼しよう

不動産査定は複数の業者で行ってみましょう。業者によって査定額にバラつきがあります。 - 不動産業者の選び方

不動産業者の選び方

不動産売却は、選ぶ不動産によって、査定額が大きく異なります。
そのため、複数の不動産業者に査定をしてもらい、不動産業者を選ぶという考え方は間違いではありません。
ですが、査定額が1番高い不動産業者が、最もいい不動産業者とは限らないので注意して下さい。
では、不動産業者の選び方について紹介します。

不動産業者の選び方

不動産業者の査定金額は、あくまで目安にすぎません。
その価格で不動産が売却出来ると保証された訳ではないからです。
そのため、1番高く査定額をつけてくれたからといって、1番高く売れる不動産業者とは限らないのです。
なので、あくまでも査定額は不動産価値の相場を知るための目安と考え、参考程度にしておきましょう。
不動産業者の中には、集客目的で査定額を高めに設定している業者も存在します。
そしてそれよりも肝心な事は、担当者です。
どれだけいい不動産業者であっても、担当者がダメだと、いい結果に結びつきません。
それに業者の良しあしを判断する事は、その業界を知らない素人では難しくても、人の判断は出来ます。
では、担当者のどのような点をチェックしたらいいのでしょうか?

担当者のチックポイント

担当者のチェックポイントは、連絡が早くて、マメである事が重要なポイントです。
そして明確に数字を出して分かりやすく説明をしてくれる人を選びましょう。
専門用語を使って分かりにくく説明する担当者は、ダメな担当者と判断して下さい。
そしてメリットばかりをいう担当者よりも、キチンとデメリットも伝えた上で、解決策を出してくれる担当者がいい担当者だと言えます。経験と知識があるかどうか、仕事に熱心かどうかの判断材料の1つとして、宅地建物取引士の資格の有無も確認しておきましょう。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »

アーカイブ