不動産査定は複数の会社に依頼しよう

不動産査定は複数の業者で行ってみましょう。業者によって査定額にバラつきがあります。 - 不動産を高く売却するポイント

不動産を高く売却するポイント

不動産の売却を考えている場合、少しでも高く売りたいと考えますよね。
では、少しでも高く売るためには、どのような点に気を付けたらいいのか、売却のポイントと、売却前にリサーチすべき事を紹介します。

不動産を高く売却するポイント

まず不動産売却では、見た目は購入の決め手となる重要ポイントです。
例えば築年数が同じ10年の物件があったとしましょう。
1つは見た目もキレイで、リフォームもほとんど必要ないように見えます。
もう1つはかなり汚れが目立ち、あちこちリフォームする必要がありそうに見えます。
この2つの物件が同じような条件が売却されていたら、誰だって前者を選びます。
中古だからこそ、小まめに清掃やメンテナンスを行い、キレイに使ってきたかどうかで状態に大きく差がつくわけです。
特に最近は禁煙家が多いので、部屋にタバコのニオイが付いていると、壁紙を変えただけでは取れないかもしれません。
そのため、敬遠されてしまう可能性があります。
また綺麗に使っているだけでなく、買い手が生活イメージをしやすい状態にしておく事も重要なポイントです。
いくら坪数が広くても、モノが多くて室内がゴチャゴチャしていると、部屋は狭く見えてしまいます。
整理整頓をして、オシャレなインテリアで、この家なら幸せな家庭を築けそう。
そんなイメージを持ってもらえる事が大切です。
そのため、買い手が家の見学にくる際には、新鮮な花を飾るなど、素敵な空間を心掛け、イメージアップをはかりましょう。

売り出し価格を決定する前にリサーチする

不動産を売却する際には、不動産価格を決定する必要があります。
この不動産価格は、高すぎると売れませんし、安すぎると大幅に損をしてしまう事になります。
なので、査定をしてもらう事も、相場の目安を知る方法の1つですが、それだけではリサーチは十分とは言えません。
同じ地域、同じ規模の物件がどれぐらいの価格で売られているのか、市場価格をリサーチしてみましょう。
周辺のオープンハウスは、ライバルになるわけですから、ライバルの事も知っておくために、直接足を運んでみましょう。
そうすれば、どんな家族構成の人が見学に来ているのか?求められているニーズが見えてきます。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »

アーカイブ