不動産査定は複数の会社に依頼しよう

不動産査定は複数の業者で行ってみましょう。業者によって査定額にバラつきがあります。 - 無料査定と有料査定

無料査定と有料査定

不動産を売却する際には、査定を行います。
この査定ですが、大きく分類すると、2つの査定方法に分ける事が出来ます。
1つは不動産会社が行う無料査定で、もう1つは不動産鑑定士が行う有料査定です。
では、どちらに査定してもらえばいいのでしょうか?

無料査定と有料査定

基本的に個人が不動産を売却する際には、不動産による無料査定で十分です。
無料査定だからいい加減な査定で、有料査定だから正確な査定を行うという事は一切ありません。
加えて、どちらが早く査定結果が出るのか?といえば、不動産による無料査定です。
つまりお金を払って、結果も遅いのでは、わざわざお金を払って不動産鑑定士に有料査定をしてもらう意味がない。
そう思う人もいるでしょう。
では、どのようなケースだと有料査定を行う必要があるのでしょうか?

有料査定が必要なケース

不動産鑑定士による有料査定が必要なケースとは、税務署に対してその査定額を証明する必要がある場合です。
例えば、親子間で不動産を売却する場合、法人間で不動産を売却する場合などです。
このようなケースでは、不動産価格を操作する事で、不当な利益を出したり、脱税目的の可能性があります。
そのため、不正を行っていない事を証明するために、不動産鑑定士の査定が必要となり、不動産鑑定士に依頼する場合には有料で行う必要があるという訳です。
つまり、個人が個人に不動産を売却する場合には、不動産が行う無料査定で何も問題はないと言えるでしょう。
ただし、注意点としては、不動産の査定額には、正しい答えが存在するわけではありません。
そのため、Aという不動産業者なら査定額は1000万円だったのに、Bという不動産業者なら1200万円だったと、査定額にも大きく差がつく可能性があります。そのため1つの業者の査定額を信頼せずに、複数の業者に査定額を出してもらい、比較検討した上で、相場を知ることが重要だと言えるでしょう。

関連する記事

  « 前の記事: を読む  

アーカイブ