不動産査定は複数の会社に依頼しよう

不動産査定は複数の業者で行ってみましょう。業者によって査定額にバラつきがあります。 - 不動産売却の査定の注意点

不動産売却の査定の注意点

不動産を売却するためには、査定が必要不可欠です。
では、不動産売却で査定をしてもらう際の注意点と、査定額と売却価格の違いについて紹介していきます。
査定額で売る事を拘っていると、せっかくの売却の機会の逃してしまうかもしれません。

不動産売却の査定の注意点

まず注意をしたい事は、不動産を購入した時点と、現在とではいろいろ異なる点があるという事を把握しておく事が大切です。
例えば、登記内容が現物と異なっていた場合、売却後にトラブルの原因になってしまいます。
それはそうですよね。隣地との境界が登記内容と異なっていては、建て替え時に問題が発生する可能性があります。
なぜ登記内容と異なってしまうのかというと、長年住んでいる間に、地積が変化するケースがあるためです。
また家を増築して、登記内容の変更を行っていない場合は、法令違反となってしまうため、必ず事前に登記内容と現状に異なる点がないかどうか確認しておきましょう。
そして私たちは日常生活の中であまり意識する事はありませんが、建築物の建築基準法は日々改正が行われています。
そのため、法律施術前からある建築に関しては、そのままで問題がありませんが、建て替えの際に問題が発生するケースがあります。
現在3階建ての建築物が、建て替えをすると、新しい法律に従って建て替える必要があり、2階建てしか建築できないかもしれません。
特に、築年数が古い不動産を売却する際には、自分の所有している土地が現行法では、どうなっているのか確認しておきましょう。

売却価格についての注意点

不動産を売却する際には、少しでも高く売却したいと誰でも思うでしょう。
しかし、査定額とは、売れる価格ではありません。
特に現在は、少子高齢化で日本の人口は減少傾向にあります。
地方の土地は、誰も買い手がいない状態で土地が余ってしまっています。
そんな状態で、高く売る事に拘っていると、なかなか売り手を見つける事が出来ず、ますます市場価値がなくなってしまう。
そんな事になってしまうので、需要と供給を考慮した上で、売れ残らないように売れる価格帯をつける事が大切です。

関連する記事

  « 前の記事: を読む   次の記事: を読む »

アーカイブ